小児科開業医って

2018.03.31.07:58

皆さんから見たら開業医って羨ましい、お金持ちなんてイメージがあるかも知れませんね。

業種自体がサラリーマンでもないし、飲食などの店主とも違う。皆さんからしたらどことなくベールに包まれた職種の一つなんだと思っています。

僕自身、組織に属して生きる事が苦手で、開業し独立した事はそういう意味では大正解てした。ただ、当たり前ですが、医者だけやってたらいい勤務医時代とは違って、医療以外のあらゆる事に手を出していかないといけません。

前にも書きましたが、開業自体は実は簡単で、場所と銀行からの融資があれば医者なら誰でも出来ます。また、実は無料ではないんだけれど、無料を謳うコンサルタントさんが山ほどいらっしゃるので、開業サポートはして下さいます。でも、実際のところ、お膳立ては出来たとしても、いざ稼働させるとうまくいかない。そんなクリニックは山ほどあると思うし、これからも増えていくと思います。

僕は小児科という分野の開業医なので、実は他の科のクリニックより常に危機感や緊張感を持ち、かつ、創造つまりはアイディアのヒントのアンテナを張らないとダメだと自分に言い聞かせています。それは必ずしも医療分野へのアンテナとは限りません。

開業なんて羨ましい、おめでとう、いいなぁ、なんて同業からですら言われますが、実際のところ本気でやるのはかなりしんどいしストレスもかかります。

実際、僕の場合は、身体、精神を犠牲にして今があるし、これからも左団扇の時代なんて来るわけがないと思う。

常に良い医療を提供する事は当たり前の事で、そこへどれだけの付加価値を付けるか、何度も申し上げるように、期待度と満足度にどれだけ差を付ける事が出来るかが出来る開業医と出来ない開業医の分かれ目だと思います。

話は少し逸れますが、クリニックや病院という施設はアミューズメントと違い、絶対に万人には受け入れられないし、その必要もありません。当たり前だけれど、相性というものが互いに存在します。可能な限り多くの方々に当院を利用して欲しいとは思っていますが、要は先に書きました期待度より満足度が上でないと意味がないわけで、当院がそうであれば有難い。そうでないならば、その様なクリニックを探してみたら良いと僕は思います。

ただ、少なからず界隈で当院以上のクリニックを探すのは難しいと思っているし、やっている全てが全力投球だと自負しています。そう思わないと、そう胸を張らないとクリニックの軸がブレたり、流れや勢いに影響が出ます。

開業して数年で何が分かるねんと大御所には笑われるかもしれないけれど、それなりの医院経営の教育を受け続けている僕は、同じ年数の開業医よりは色々な面で長けているし、長けていないとダメだと思います。

まだまだ伸びしろが当院や僕、スタッフにはあるはずで、その伸びを楽しみにしながら、常に次のステージを模索する毎日です。


先日、北浜こどもクリニックの院長先生と
勝手に師匠とし、色々と勉強させてもらっています
スポンサーサイト

直線

2018.03.19.21:46

僕が独立した最大の理由は、自分らしく仕事が出来ない、逆に自分らしく仕事をしてみたいという想いからでした。他に色々あるけど、まあ、そんな理由です。

組織に属していると色々と守られていて、色々と言いたい放題だし、やりたい事はタダで出来ます。でも、それが病院としてプラスかマイナスかと言われたら微妙な話で、今でも続いている問題だと思う。地方自治体の病院は赤字でも市民のためなら仕方ない、なんて風習が強くあり、小児科なんて儲けの対象外だったと記憶していますし、実際、そう言われました。マスコット的存在かな。

でもですね、そんな事に小児科医自体が甘んじていてはダメで、そんな事を真に受けるから、いつまでたっても小児科医師はマイナーな科の、単なる核にならない小児科医のままだと僕は思う。最初に舐められる医者が小児科だわな。正直言うと。

若干、慈善事業と変わらない感じで見られる小児科ですが、実際働く小児科医自身もそんな風に思っている節もあります。子供が可愛いから、子供第一だから、小児科に利益を求めてはダメだと。僕はそれはおかしいと常日頃から感じでいます。

小児科は莫大に儲からないかも知れないが、実は赤字にはならない。正直、そんなナヨナヨ&ナーナーな感じで頼られないなら、近いうちに骨太の小児科医なんていうマニアな医者は小児科からは居なくなる気がする。すでに居ないか??

と言いながら、全体的に小心者が多い小児科医は細々と生きながらえるんだろうなー。そんな彼らは偽善ではなく、奉仕の精神で働いているけど、そんなん正直、長持ちはしないと僕は前々から思っています。長持ちしているように見えているだけちゃうかな、正直。

その小児科の一般的な優しい性格を利用している節もなきにしもあらずだけどねー病院は。

小児科は楽しければいいと偉い方は言うけれど、経営スタンスも真面目に考えたら、それはそれで新しい世界が見えると僕は思う。

この時代、小児科医も楽しいだけでは生きてはいけません。どれだけ早く、多くの小児科医が気づくかです。まあ、実はお気づきにらならなければ、気づいている私たちの利益になるわけで、複雑な心境ではありますな。



休診

2018.03.08.18:24

こういう個人での仕事をしていると休む事への抵抗感が実はあります。それは個人事業主、全員が思う事だと思います。が、自分やスタッフ、そして自分やスタッフの家族の事などで休まないといけない時は必ずあります。

不安や焦りが生じる事は否定出来ないけれど、僕やスタッフも家族などの支えがあってこそ、皆様へ最良の医療を提供出来ます。よって、当院は休診や長期休暇が多いかも知れませんがどうかお察しください。

という事で、明日3月9日(金)は終日休診です。お間違いのないよう、よろしくお願い致します。

10440292_832058133537577_1427186501370915764_n.jpg

え?何やねん

2018.03.02.22:00

僕は医療の世界も競争社会だと思っていて、ダメクリニックは淘汰されると思う。うちもそう。

しかし、自治体に所属しているから大赤字でもやっていける病院は山ほどあって、それは医療界の摩訶不思議なわけです。税金って素晴らしいなと変に感心します。

一旦、自治体病院などの後ろ盾を離れ、個人事業として医療を始めると、赤字なんて死活問題であり得ないと正直思う。自治体がらみの病院などは本当に恵まれていると思います。

この度、医療広告のあり方について偉いさんからメスが入りました。患者様の声がはネット掲載、いかがなものかというトンチンカンな話です。良い経験談ばかりの掲載はダメと言う話か?医療は平等、公平であるべきていう、役所の考え方で多大なる迷惑を被っています。飲食店なら、まずい、汚い、愛想ないも書けということでしょうね。

この医療業界も消耗戦に入っていて、宣伝なども含めた戦略の中でやらないといけない。それを偉いさんが制止する。きっと仲間を守るためだと思う。だいたいそんなもん。馬鹿げている。

いずれにせよ、おの小児科は基本的なルールは守りますが、他と同じは嫌だ。ただ、ただ、ただ、嫌だーそれだけ。

それだけなんです。嫌だー同じなんて!つまらない!


荒波もたまにはオツ

まみたん

2018.02.24.12:38

まみたんというフリーペーパーに2年ちょっとお世話になりました。

これまで、クリニックに宣伝に始まり、自分の事、家族の事、自分の想いなどを書いてきたつもりです。ご覧頂いた方々も大勢いらっしゃると思います。

今回、色々と検討した結果、一旦次号を最後に筆を休めようと思っています。

まみたんのスタッフの方々は私の細かな修正や提案にも付き合ってくださり、とてもスムーズなやり取りが出来ました。感謝しています。

可能な限り大勢の方々に当院や私自身を知って頂きたいと思い、今まで続けて参りました。楽しくお読み頂けたでしょうか?

これからまだまだ先は長い中、たまにはちょっと休みますか、みたいな感じでしょうかね、しばらくは院内から個人から皆様へ発信を続けて参ります。

街中では似顔絵看板でお会いしましょう。動画はユーチューブでお会いしましょう。文章は今まで通り、SNSやブログでご覧下さい。もちろん、クリニックでもお会いしましょう。

真面目な話、小児科に限らず、事業にはゴールがなく、絶えず次を見据えて、時の流れやニーズを読んで戦略を練らないといけません。そうした中、連載を止める事が得策か否かは不明ですが、まあ、一旦休みます。

基本、こうして文章を書く事は苦でないので、いずれまた違う形で皆様に向けて発信できたらなと思います。その際は、まみたん、またよろしくお願い致します。

関わってくれた皆様、お読み頂いた皆様、有難うございました。引き続き、おの小児科をよろしくお願い致します。

医療法人 おの小児科
小野 英一

プロフィール

おのセンセ

Author:おのセンセ
おの小児科 院長 おのセンセのブログへようこそ!日々思った事や感じた事、時々病気のお話しなど、フランクに書けたらいいな~って思っています。よろしくどうぞ!

最新記事
カテゴリ
FC2プロフ