休診のお知らせ

2018.06.11.14:58

明日、6月12日、明後日6月13日は休診です。よろしくお願い致します。充電します。

伊丹のKAT-TUNより

4195TUKTUK小野先生似顔絵入り第3案
スポンサーサイト

赤ちゃん応援サイト👶

2018.06.07.19:25

スタッフを入れて初めてホームページを作りました。もちろん、プログラミングは委託していますが、テキストはほぼスタッフが書きました。赤ちゃん応援サイト、赤ちゃんに関する総合ホームページですね。

世の中には同じようなホームページが山ほどありますが、小児科クリニックが作ったものは皆無に近いと思います。

毎回毎回同じパターンかも知れませんが、今回も何本かの動画を入れてあります。ただ、他のホームページとは性格が違いますので、だいぶくだけた動画になっています。内容自体は普通に話してはいますが。

まだまだ未完成で、これからが実は大変なのですが、楽しい、そして時にはくだらないなーと苦笑されるようなホームページにしたいと思っています。

お付き合いください!

赤ちゃん応援サイト

医療法人へ

2018.05.01.07:00

とにかく走り続けた2年少し、今日から医療法人となりました。

僕は短距離走は得意だけど、長距離走は苦手、それはあらゆるシーンで共通しています。開院してからのスタートダッシュは車でいうレッドゾーン並みになる時もしばしば、結果、立ち上がりは絶好調でしたが、自分のエンジンから火が吹いて倒れました。結果、大勢の方々にご迷惑をおかけする事態となりました。

それからの数ヶ月は色々な方のお世話になったり、仕事もセーブしながら体調管理に努めました。実はその頃の記憶はおぼろげで、自分が自分でない感じでしたね。それだけリカバーには時間を費やしました。

今も体調には波はあるものの、再び走り出す事が出来、現在に至ります。

僕はいわゆる回遊魚みたいな感じで、何かしらか動いていないと考えていないと生きていけないんだと分かっています。が、誰にでもキャパシティというものが存在するので、しっかり自分と向き合って、少しは長距離にも強くなりたいと思いますし、時には立ち止まって一服する自分にもなりたいと思います。

今までにも何度かブログでお話ししましたが、もう開業が安泰の時代は終わりました。少子化の中の小児科は最たるものです。それでも小児科クリニックとして皆さんに愛されるようにあり続けるため、僕は色々と考え、色々と勉強精進し、色々と創造する必要があるし、それが僕の使命だと思う。それを焦らずに着実に進めて行くことがキャパシティオーバーにならない基本だということも忘れないようにしたい。

いつまで当院が続いていくのかは誰にも分からないけれど、やるからには可能な限り多くの皆さんに利用して頂き、期待値を超える満足度をご提供したいと思います。
今まで当院をご利用下さっている皆さん、本当に有難うございます、これからも末永くよろしくお願い致します。そして、こんな訳の分からない僕と仕事をしてくれるスタッフの皆さん、本当に有難う。

来てくれる子供たち、ママやパパ、おじいちゃん、おばあちゃん、そして優秀なスタッフに囲まれ、僕は幸せだし、当院はよりステップアップするんだなと予感というか期待しています。

本当に有難う、これからもよろしく。

抗生剤について

2018.04.29.16:25

抗生剤適正使用について

大切なお知らせです。昔から言われている事ですが、四月から積極的な啓蒙が始まっています。
是非、お聴き下さい。

小児科開業医って

2018.03.31.07:58

皆さんから見たら開業医って羨ましい、お金持ちなんてイメージがあるかも知れませんね。

業種自体がサラリーマンでもないし、飲食などの店主とも違う。皆さんからしたらどことなくベールに包まれた職種の一つなんだと思っています。

僕自身、組織に属して生きる事が苦手で、開業し独立した事はそういう意味では大正解てした。ただ、当たり前ですが、医者だけやってたらいい勤務医時代とは違って、医療以外のあらゆる事に手を出していかないといけません。

前にも書きましたが、開業自体は実は簡単で、場所と銀行からの融資があれば医者なら誰でも出来ます。また、実は無料ではないんだけれど、無料を謳うコンサルタントさんが山ほどいらっしゃるので、開業サポートはして下さいます。でも、実際のところ、お膳立ては出来たとしても、いざ稼働させるとうまくいかない。そんなクリニックは山ほどあると思うし、これからも増えていくと思います。

僕は小児科という分野の開業医なので、実は他の科のクリニックより常に危機感や緊張感を持ち、かつ、創造つまりはアイディアのヒントのアンテナを張らないとダメだと自分に言い聞かせています。それは必ずしも医療分野へのアンテナとは限りません。

開業なんて羨ましい、おめでとう、いいなぁ、なんて同業からですら言われますが、実際のところ本気でやるのはかなりしんどいしストレスもかかります。

実際、僕の場合は、身体、精神を犠牲にして今があるし、これからも左団扇の時代なんて来るわけがないと思う。

常に良い医療を提供する事は当たり前の事で、そこへどれだけの付加価値を付けるか、何度も申し上げるように、期待度と満足度にどれだけ差を付ける事が出来るかが出来る開業医と出来ない開業医の分かれ目だと思います。

話は少し逸れますが、クリニックや病院という施設はアミューズメントと違い、絶対に万人には受け入れられないし、その必要もありません。当たり前だけれど、相性というものが互いに存在します。可能な限り多くの方々に当院を利用して欲しいとは思っていますが、要は先に書きました期待度より満足度が上でないと意味がないわけで、当院がそうであれば有難い。そうでないならば、その様なクリニックを探してみたら良いと僕は思います。

ただ、少なからず界隈で当院以上のクリニックを探すのは難しいと思っているし、やっている全てが全力投球だと自負しています。そう思わないと、そう胸を張らないとクリニックの軸がブレたり、流れや勢いに影響が出ます。

開業して数年で何が分かるねんと大御所には笑われるかもしれないけれど、それなりの医院経営の教育を受け続けている僕は、同じ年数の開業医よりは色々な面で長けているし、長けていないとダメだと思います。

まだまだ伸びしろが当院や僕、スタッフにはあるはずで、その伸びを楽しみにしながら、常に次のステージを模索する毎日です。


先日、北浜こどもクリニックの院長先生と
勝手に師匠とし、色々と勉強させてもらっています
プロフィール

おのセンセ

Author:おのセンセ
おの小児科 院長 おのセンセのブログへようこそ!日々思った事や感じた事、時々病気のお話しなど、フランクに書けたらいいな~って思っています。よろしくどうぞ!

最新記事
カテゴリ
FC2プロフ