とりあえず

2017.04.12.16:28

とりあえず開院前からやりたかった事の大半は今日で一区切りです。後はどう活用し、育てるかです。

そして当たり前だけれど、可能な限り最高、最短で治る医療を提供するにつきます。

引き続き、おの小児科をよろしくお願いします。
スポンサーサイト

水曜日午後

2017.04.10.19:17

今週の水曜日、明日の午後、何かが起こります。

伊丹市ではもちろん初、小児科としては恐らく世界初だと思っています。

全ては子供たちのために と始めたクリニックですが、一旦の節目、大きなアウトプットを明日以降にお見せ出来る予定です。

まあ、全て自分が楽しいと思っている事を取り入れているだけですが、決定から1年かかりました当院の新しいファンキーでスパイシーな仲間に会いに来て下さいね。

小児科へ、そして今

2017.04.07.23:23

私を小児科の世界へ導いてくれたのは垂水で開業されている鄭先生でした。もちろん、最初に選択したのは自分自身だけれど。

先の浜重先生とは全く違うタイプの先生でしたが、どうも熱血な感じや情熱は似たような印象があります。
フラットな物腰とは裏腹に目はあまり笑っていなくて、子供の治療法に関しての議論では時に熱く感情的になる先生でした。

部下の事も見ていない様で色々時に気にかけてくれて、部下が言おう、相談しようとする内容を先々に察する先生でした。私が鄭先生の元で働いたのは短い間で、もっと色々と教わりたかった。それは小児科学という学問だけではない、子供達とその親御さんとの付き合い方という人間対人間の仕事の仕方、関係の作り方です。小児科ではとても大切な事だと今も思っています。

私自身、体を壊し、半ば当時の病院長の権限で辞めさせられました。もし、健康体でいたなら、きっと病院での心臓病の子供達相手の勤めがもっと長く、開業はまだまだ先だったのかななんて漠然と思ったりします。

体調を崩し、三田市の病院に拾って頂き、10年以上が経過、色々と言えない事も多々あり退職し今に至ります。
開業を漠然と考えていた時、ふらっと鄭先生のクリニックに寄りました。すると、なー先生よ、開業するんか?開業するならはよしろや、が開口一番で、鳥肌が立ったのを覚えています。何かを察しておられたのでしょうね。

また、開業してしばらくしたある日、垂水からわざわざお祝いを持って伊丹までお越し下さいました。数分クリニック内を見ただけで、またなーと去って行き、今まで連絡は一切ありません。

放任主義な上司だったのか管理型だったのか、今でも分かりませんが、私の小児科医としての初めての上司で本当に良かったと思います。

その後も多くの上司に恵まれましたが、ある意味、小児科医師として優秀で博識がある素晴らしい先生ばかりで、鄭先生の様な小児科医師だけどアジと癖のある先生は一人もいなかったなと懐かしく思い出します。

それが良いか悪いかは別として、私がこうして小児科クリニックを立ち上げる事が出来、その運営の根幹に鄭先生の存在があることは間違いないと感じています。
これまた高知同様、足元にも及ばないけれど、恥じない程度に頑張りたいと思います。

構想

2017.04.02.15:32

開業して一年以内に何とかしたかったクリニックの全体像が少し遅れましたが、一旦固まりそうです。

それは進化し続けないといけない内面的な物ではなく、私が思い描く面白い小児科の全体像です。

正直、他の小児科と同じ事をしても同じかそれ以下にしか仕上がりませんし、色々な前例の模倣ばかりでは自分らしさもなければ、結局自分に合いません。良くあるパターンとして先輩の真似をして失敗するというものです。自分と先輩は別の人間で性格も好みも違います。先輩が成功したからと言って、自分が真似して成功するとは限らないわけですね。後は起業するにあたり、その戦略を素人に任せない事ではないでしょうか。

どの世界にもプロが居て、そのプロの指示の元に物事を創り上げる方が必ず成果が出ます。幸い、私には経営や起業、ネット戦略などの素人の知り合いがいませんでしたので、変な雑音に惑わされなかったのかも知れませんが。

話を戻します。医者以外の仕事は知りませんし、勤務医にも当てはまりませんが、クリニックの開業に限っては自己表現の場でもあるという原理原則があります。それを教わってから、軸はぶれずとも、自分が好む事柄の多くを自己表現として導入して来ました。良い物もあればイマイチなければ物もあるけれど、それら全てを私は良いと判断し今まで進んで来ましたし、これからもあまり周りに流される事なく自己表現をし続けるつもりです。

そんな当院がどんな進化をし続けるかは自分も楽しみなところではありますが、とりあえずのひと段落を迎え、更に楽しいクリニックになるであろうと確信しています。

賭け

2017.03.30.08:15

私は賭け事は何もしません。競馬、競輪、競艇、パチンコなど色々ありますが、何一つやった事がありません。

賭け事が良いとか悪いとかではなく、興味が全くない為です。これからもやる事はないと思います。

唯一の賭け事は、この小児科の開業でした。うまくいくかいかないか、何の保障もない状況で、多額の資金を借り入れ始めるわけです。正直、世の中の賭け事よりリスキーなものだと今も思っています。

医院を開業したら誰でも上手くいく時代はもう過ぎていて、地域によっては消耗戦に入ってきていると言われています。私は伊丹市にクリニックを立ち上げましたが、まだこの市は小児科不足もあり、温かく迎えて頂きました。

ただ、迎えてくれたのは良いけれど、安定するかどうか、受け入れられるかは別問題で、これはまさしく賭けだったと今も思っていますし、これからもそれの連続だと思っています。

私には前にも書きましたが、医院経営のコンサルタントがついています。定期的に会議をし、クリニックの問題点の解決や新たな企画、経営の基本や応用、いわゆる患者さんの心理などを教えて貰っています。もう2年近くになりますので、きっと界隈の先生方より、その辺りの知識は豊富だと思っています。

まだまだ上には上があり、経営者として素晴らしい先生方は山ほどいます。勤務医ではない以上、経営の安定化や向上の戦略は必要不可欠で、閉院までのテーマなのだと思っています。

色々な方がブログを見てくれているかも知れませんが、中に開業をお考えの先生がいらっしゃるなら、お声掛け頂きたいと思います。必ずうまく行く方法をお教えします。まあ、かなり作業が多く、大変は大変ですが、結果を出すならば、ある程度の肉体的精神的な犠牲は必要かも知れません。
プロフィール

おのセンセ

Author:おのセンセ
おの小児科 院長 おのセンセのブログへようこそ!日々思った事や感じた事、時々病気のお話しなど、フランクに書けたらいいな~って思っています。よろしくどうぞ!

最新記事
カテゴリ
FC2プロフ