学習

2018.04.16.19:40

先日、東京へぶらり旅に出掛けました。前日の夜に決まり、ホテルを取り、長女と二人で行きました。一泊な上に関西を出たのが昼過ぎ、大して何処にも行きませんでしたが、大学の同級生家族やタイ語を教えてくれた先生にお会い出来、それだけでも行って良かったと思いました。

そんな小旅行で娘リクエストの原宿竹下通りへ出掛けました。観光スポットなので、大勢の外国人やら若者がいただけで、いわゆる難波のアメリカ村みたいな感じかなと初めて行って思いました。さすがにモノマネ芸人コロッケのお店はなくなっていました。残念無念です。

話を変え、本題です。何点かの商品を買った時の事です。仕事柄、領収書が必要なので、領収書くださいと伝えたところ、レジから出るもので良いですかと言われました。よくあるやりとりなので、いいですよと答え待っていると単なるしょーもないレシートでした。

ごめんね、これを領収書に変えてくれる?と言うと

出来ません

出来ないって、そのレジから出るやん、その領収書や

いや、出来ないんです、無理です

なんで?

分かりません、私、バイトだから

今も昔もそうですが、バイトや非常勤や派遣の中にはこうしたモチベーションの低い連中が山ほどいます。もちろん、常勤雇用者にもいるでしょう。口にワッカつけてピンクの髪の色にする暇があれば最低限の仕事を覚えろと思うのはもう古いんでしょうね。

特別なスキルはもとから期待してないし、求めてもいない。ただ単に、分からないなら分かる人に聞いて次からは出来るようになれば良いだけです。それをしないと惰性だけで働いているフリしか出来ない。

なんて僕は言うし、思うけれど、本当に若いいわゆる若者なんてそんなもんかも知れないな。バイトなんで、いや常勤じゃないから、とか僕は大嫌いだけど、そうした逃げ方が一番楽なんだろう。クリニック近くの飲食店にも似たようなバイトがいて、いつもイライラしていますが、まあそんなもんかとも思っています。

当院では絶対に雇わないけれど。そんな事を思った原宿竹下通りです。

スポンサーサイト

複雑

2018.04.11.07:59

僕は中学校卒業し山梨県の高校に進学しました。予定では慶応だったのですが、全く歯が立たず、山梨県の高校と西宮の関西学院が選択肢に残りました。

当時の僕は何を思ったのか、親元を離れてみようと思い、山梨県の高校を選択しました。山梨での3年間は自立や判断力、思考力などの意味では良かったと思いますが、果たして関学ではダメだったのかと今でもたまに思います。

親元を離れた事で自然とついた色々な力と親と一緒に生活する時間が短くなった代償を天秤にかけると複雑な気分になります。

この前、長女が高校に進学しました。地元の公立なので、今まで通り、家からの通学です。やはりそれは親としては安心ですし、嬉しいです。

同じ年齢の時の僕を山梨県に送り出した際の親の気持ちが今、何となく分かって来たと思っており、喜ばしい門出を自分の頃に重ね合わせ、複雑な気持ちにもなりますね。

動く

2018.03.23.17:47

どうもじっとしているのが苦手なので、絶えず動いているというか何かを考えている自分が居て、時にそれ自体に疲れます。

疲れることは分かっているのだけれど、これは性格なので、やっぱり止められない。どうしても次は次は、と色々と考え、動いてしまします。

実際、考えている時間(思考時間)は本当に短くて、考えると同時に何かをしているという感じだと思いますね。単純生物なんだと思います。もっと色々と熟考してある程度完成してから動くという手法もあるけれど、どうも自分の正確に合っておらず、無鉄砲だとは分かっているけれど、考えながら同時にその考えに似た事をやり始めてしまいます。粗削りでも良いからとりあえず削ろうぜ!が好きですね。

忙しい時は目の前の事に集中するので、次=明日、となるわけだけれど、これからの季節は少し余裕が出来ます。焦点は夏に向けるべきか、秋冬に向けるべきかで考え行動する内容は変わるのですが、あまり遠い未来を目標にするのも嫌いなので、当面はこの夏に向けて考え、そして出来ることは俊敏に動きたいと思います。

それが成功するか否かはやってみないと分からないので、やる前に難しいとか出来ないかもとか、そんなマイナスはあまり考えない。前例がないという言葉も大嫌いです。

前にでも後ろにでもとりあえず動いていれば、それに対するレスポンスや結果が見えてきます。動かないという事はステイという事なので、何の生産性もない。日々をステイで過ごす、それはそれで平和で良いけれど、僕にはストレスの何物でもない。

だから動くわけですな。しんどいけれど、動かないときっとより疲れて倒れてしまう。

18519798_799854073507616_1520013306864440877_n.jpg

5年

2018.03.13.19:32

引っ越しして5年が経ちました。

改めて引っ越しして良かったと思っています。お陰様で借金まみれですが、住みたくない場所の持ち家に住んだところで不幸なだけで、先は何もない。

借金は返したらいいだけ、家族の幸せが優先、そう思い、カードローンも含めて結構借金をして強引に引っ越した。

でも、それで良かったと思っているし、今の住んでない家のローン返済も苦じゃない。

たまには素早い決断が必要だし、捨てる物は捨てないと進めないと思う5年目です。

流れ

2018.03.01.19:39

何事も流れの中にあって、その流れに乗るのか乗らないのか逆らうのかを選択しなくてはいけません。

その選択が正しいのか間違っているのかは、もしかしたら最後まで分からないかもしれない。でも、その選択はしなくてはならない、どんな仕事であれ、どんな人であれ。

僕はあえて人様が選ばないであろう選択を色々してきたし、それはこれからも変わらない。正解か不正確かは別として、面白かったらいいが第一基準かな。そんな感じではダメなんかも知れないけどね。

僕、刑事に向いているか分からなくて。。
そんな事、俺も分からないぜ。きっと死ぬまで分かんねーんじゃないか?好きでやってるんならそれで良いと思うぜ。

皆さんはご存知ではないと思いますが、刑事貴族の若手刑事と水谷豊扮する本城慎太郎のやりとりです。今でも時々思い出すセリフで、自分の仕事にも当てはめて考えたりします。

親族含め、周りには英一に小児科医なんて似合わないし、出来るわけない、なんて言われたものです。でも、全て無視して今に至ります。

僕が選択した事が良かったか悪かったかは、本城刑事が言う通り、今は分からない。

時の流れの中で好き事を自由に選択し、全てが上手くいけばいい。でも、そんな理想は叶うわけもなく、好きな事を続ける為の嫌な選択もあるかなとも思っています。そんな過程を経ながらも楽しく出来たら、合う合わない、正解、不正確はどうでも良いのかも知れません。



プロフィール

おのセンセ

Author:おのセンセ
おの小児科 院長 おのセンセのブログへようこそ!日々思った事や感じた事、時々病気のお話しなど、フランクに書けたらいいな~って思っています。よろしくどうぞ!

最新記事
カテゴリ
FC2プロフ