2017.07.20.19:22

玉置浩二さん、ご存知ですよね?

お会いした事がないので、実際どんな方かは分かりません。ただ、自由で正直で人を大切にする面をお持ちだと思います。昔の破天荒な彼ではなく、今の話しです。

彼はファンや奥様によく、愛してます、と言います。ライブ映像を最近よく観るのですが、他のアーティストとは少し違うファンとの距離感を感じます。

日本人男性は欧米人みたいに愛してますとか、好きだとかあまり言わないものだ、なんて言われ久しく、それがあたかも当たり前の様に思われていますね。でも、やっぱりそれでは駄目だと思いますね。

僕は妻を愛してます

僕は子供達を愛してます

僕は亡くなった愛犬を愛してます

僕は受診してくれる皆さんを愛してます

そして

僕は支えてくれるスタッフを愛してます

愛には色々な形や程度や定義がありますが、感謝も愛だと思います。色々な方々を愛し、支えてもらいながら、自分らしい立ち位置で自己表現出来たらなと思います。

僕が人様から愛されるのは、もっともっと後からだと思います。もしかして今のままかも知れないけれど、それはそれで別に構わないかな。。

なんてちょっと思いました。今日も歌って帰ろ。

スポンサーサイト

結果

2017.07.12.07:57

どんなに綺麗でも、どんなに優れていても、結果が全てだと僕は思っています。

業種によって、立場によって、性格によっても違うと思うけれど、僕はとにかく結果が全てだといつも思っています。

前にも書きましたが、横並びを好むこのご時世の雰囲気は大嫌いで、何でもそうでしょうが、勝負は付き物だと思う。

勝ち負け、成功失敗、それこそ結果であり、それが全て、その結果を踏まえ次のステージを模索すれば良いのだと。

一喜一憂はしないし、別に近隣を気にはしないし、そう言った狭い範囲での単なる結果でない。

勝ちは勝ち、負けは負け、そうした結果が明確でないと問題点も分からないし、何が良くで何が悪いのかも分からない。だから、良い結果であれ、悪い結果であれ、結果は大切で次のステージへ進む為の全てと言っても過言ではないです。

あ、夏なんで、夏の終わりのハーモニーを練習しています。大学時代に少しだけプロに教えてもらった事がある歌です。

手と頭

2017.07.08.13:30

診療は全てデジタル化されていて、受付から会計、予約まで全てですね。最近では当たり前で、当院よりデジタル化が進んでいるクリニックや病院は山ほどあるでしょうね。説明もiPadで、なんかも多いと聞いています。

僕は意外とデジタル好きで、色々な事に手を出していますが、正直、デジタルオンリーは無機質でつまらないとも思っています。

前にも書きましたが、そういった理由でシステム手帳を持ち歩き、予定管理やアイデアメモ、議事録は手書きをしています。最近では携帯で全てを管理している方々、多いのではないでしょうか?かなり便利な事は理解してるし、やろうと思えば出来ます。

でも、僕のこだわりというか何というか、携帯などのデジタルからはブログやSNS、情報収集だけをし、その得た情報を選別し有用な物だけを手帳に転記するようにしています。

一見無駄で、転記ミスというリスクもあるのだけれど、手で書くという動作が入るだけで、少し多く脳を動かす事が出来ると僕は思っています。

お世話になっている万年筆の店主は、万年筆は人の人生を変える事が出来ると謳っていらっしゃいます。僕もそれに同感であると共に、万年筆はじめ、筆記具で書く動作は逆に変わらないでも良い自分の側面にも気付かされると感じています。

店主のおっしゃる事には哲学的要素が含まれているだろうから、より深く所は年と共に理解できたりするんだと思います。いつもこうして話が逸れるのですが、今回は逸れたままで、終わりです。

福岡の面白そうなイベントの成功を関西から願っています。

簡単

2017.07.03.08:03

兵庫県知事選が終わりました。東京では都議選が終わりましたね。結果に対して皆様も色々な思いやお考えがあるでしょうね。中身の話は色々と複雑で色々なお考えの方々がいらっしゃるので避けますが、いつも選挙などを見ていて思う事があります。

それは他人や対立する団体を批判する事ほど簡単なモノはないという事です。本来は自分や自分の組織をアピールすれば良いだけの話なのに、それは二の次で、ひたすら相手を批判する。そうしたシーンはあらゆる業種、立場で見受けられますが、何だか建設的でなく重箱の隅を突くような姑息感があります。

まあ、日本に限らず世界中でこの手段は使われていますが、流される事なく、冷静に判断自したいものです。相手の事をギャーギャー批判する手法は対立構図がはっきりして分かりやすい反面、内面は見えにくいものです。

派手なパフォーマンス自体、私も大好きだし、色々とやりたいと思います。が、それは自分のスタイルなだけで、他のクリニックがどうのこうのと言う話ではありません。

要は自己表現として自分自身が自分の立場で何が出来るかを考えたら良いし、発信したら良い。人様を批判する暇があれば、自身や自分の組織を磨き上げた方が良いと考えます。

一番

2017.07.01.13:20

どこかの誰かが昔、一番じゃなく二番じゃダメなんですか?というスーパーフレーズを発していましたね。

あれは凄い考え方というか、一番でない人間にしか思いつかない発想だと思いました。正直、二番、三番ではダメなんです、一番でないと。結果として二番や三番ならいいけれど、一番を横に置いといて二番や三番を目指す、てのは妥協の何ものでもありません。

順位を付けたがらない世の中だけれど、どんな業種でも競争社会で、小さなクリニックなんて競争以外に何もないと思います。みんな仲良く、みんな一緒もいいけれど、そんなん意味がないし、似たようなクリニックなんて何軒もはいらないと思います。

クリニック自体に順位をつける必要はないとけれど、代表の者が自分の施設を一番だと思わない限り、一生一番にはなれない。なる必要がないと言われたらそれまでだけれど、医療はボランティアではないわけで、ビジネス的な要素が必ずあります。皆様の旦那様や働く奥様もそうだと思います。

繰り返しますが、最初から二番で、三番でいいわ、ではダメだと私は思っています。規模が違うけれど、先のスーパーフレーズにはノーと言いたいし、一番じゃないとダメなんですと付け加えたいと思います。

競争を避ける今の風潮は嫌いだし、何でもかんでも横並び、仲良しこよし、平和主義は人間形成に時としてマイナスに働くと考えています。

だから、みんなが一番を目指す世界が好きですね。そこで磨かれ、互いに順位がつくのだと思います。


やたらとデカイ犬を飼っている方々は抱っこ無理でしょうね。基本、小型犬だけなはずだが、突然変異でデカくなったのかも知れない。関係ない独り言でした。
プロフィール

おのセンセ

Author:おのセンセ
おの小児科 院長 おのセンセのブログへようこそ!日々思った事や感じた事、時々病気のお話しなど、フランクに書けたらいいな~って思っています。よろしくどうぞ!

最新記事
カテゴリ
FC2プロフ