FC2ブログ

受験

2017.10.10.15:49

僕は何を血迷っていたのか、中学受験から全て受験して来ました。

関西学院中学、岡山白陵中学、岡山中学 不合格

小学3年から塾に行くも遊んでばかり、最下位のクラス、そら合格はないなと今思えば笑ってしまいます。

中学生の頃は小学時代の塾の先生ので勧めもあり、当時スパルタで有名な六甲道にあった森田塾に通いました。私立進学コース、帰宅部、ほぼ毎日塾、ほぼ終電、体罰当たり前のエゲツない塾でした。この塾に関しての逸話は山ほどありますので、いずれ書きます。

こうしたスパルタの中でも、自分の要領の悪さややる気のなさ、今思えば塾自体の効率の悪さもあり

慶応高校日吉、志木、早稲田本庄、早稲田と全滅、関西学院と山梨の駿台甲府だけ合格しました。公立高校の勉強はしていませんでしたので公立高校は受験すら出来ませんでした。

んーこの時代のエピソードは色々ありますが、正直、中学生活は棒に振った様なもので、何一つ思い出もなければ、記憶もありません。それはそれで勿体ない事をしたし、高校は公立で良く、わざわざ山梨に行かなくても良かったわなと今は少し後悔しています。

高校時代はラグビーを中途半端にし、成績も中途半端、三年生は理系のトップクラスに編入したものの、アウェイ感が半端なく、その上、授業にもついて行けず

島根医科大学、和歌山県立医科大学、兵庫医大、関西医大、慈恵医大など全滅でした

神戸や大阪の予備校で一年を過ごし

後期日程、ギリギリのところで高知医科大学、今の高知大学医学部に引っかかりました

僕は思うんです。どの学校が良いとか悪いとか、偏差値がどうかとか、それはそれで大切です。が、結局のところ、自分自身が頑張った分の対価しか生まれないわけで、背伸びをしても、無理をしても受験の世界では奇跡は起こりません。

大学受験は五分五分やなと思ったけれど、高校受験の合格した二校は問題を見た瞬間、合格するわと直ぐに分かりました。

要は身の丈に合ったところで自分らしく頑張って、将来を見据えた方が良いと僕は考えます。

だから、進学塾に自分の子供は入れたくない。DNA的に不向きだと思うから。

スポンサーサイト
プロフィール

おのセンセ

Author:おのセンセ
おの小児科 院長 おのセンセのブログへようこそ!日々思った事や感じた事、時々病気のお話しなど、フランクに書けたらいいな~って思っています。よろしくどうぞ!

最新記事
カテゴリ
FC2プロフ