リズム

2018.01.13.13:06

当院のような、一般小児のクリニックの診療のキーはテンポの良さだと僕は思っています。

もちろん、ゆっくり詳しくお話しを聞いて、ゆっくり丁寧に診察し、ご説明する、もスタイルとしてはアリですし、実際は最高の診療スタイルです。

ただ、唯一の問題点は待ち時間が長い、診療時間内に終わらない、という根本的な課題が出ます。丁寧に診察してくれるから2時間待ちでもいい、そういう方々も多いとは思っていますが、当院のスタンスとはかなり異なる物となってしまいます。もちろん、当院と違う診察内容の小児科や他の診療科目は知りません。

診療時間内に終わる、必ず子どもたちに利益のある医療を診察時間が短くともご提供する、が当院の基本方針です。その為には、診察を始めとしたクリニック全体のテンポが大切だと常日頃から思っています。

受付、医師、看護師、子どもたち、親御さん全体のテンポが一致するよう、私達クリニック側は連携しなくてはなりません。どこかの連携に歪みが出るとテンポが狂い、診療自体の流れがおかしくなります。

こういう仕事をしていますと、診察室の椅子に座って仕事していると何となく違和感を感じる事が出来、その際はちょっとした調整でテンポを元に戻します。

早い、不味い、高いは最悪、早い、うまい、安い、は最高、この医療版を目指して日々精進しています。

患者さんの数と診察時間は反比例してしまいますが、密度を濃くすれば良いと僕は思う。その責務は僕にあるけれど、テンポの作り方はクリニックのスタッフ全員の責務であり、各自が自発的に行動してもらう事でそのテンポはより心地よいサウンドになると確信しています。

スポンサーサイト
プロフィール

おのセンセ

Author:おのセンセ
おの小児科 院長 おのセンセのブログへようこそ!日々思った事や感じた事、時々病気のお話しなど、フランクに書けたらいいな~って思っています。よろしくどうぞ!

最新記事
カテゴリ
FC2プロフ