FC2ブログ

頼られているか?

2018.09.29.17:45

仕事以外でもそうでしょうが、自分が頼られているかいないかは大切な事だと思います。

頼られてもいないのに、喜ばれてもいないのに、必死に仕事をしても周りに迷惑をかけるだけ、結局は自己満足にしかなりません。

前職を3年前に辞めた理由の一つが、これでした。何人かのお母さんにはご指名を頂いたり、子供たちも懐いてはくれましたが、大半の方々は僕を必要とはしていませんでした。

僕が必要以前に、とにかく嫌われていた。いわゆるアンチな親御さんが多かったので、言われの無いトラブルにも多く巻き込まれたものです。患者家族が泣きついた田舎の政治家にも振り回され、病院もその政治家の味方につき、嘘の謝罪文なんかも書いたなー。その前から地方のインチキ政治家は大嫌いでしたが、おかげ様でより信用しなくなりました。良い議員先生には申し訳ないけれど、くだらない政治家、特に田舎の市議会議員といったよー分からんのが世の中には多過ぎて、正直、何の期待もしていません。実際、なんも変わってないし。再三言いますが、良い先生はいっぱいいらっしゃいますが。

そんなこんなで、ハートはかなり強くなりました。が、いらん子はいらん子として去る必要があると強く思った約5年前を懐かしく思い出します。

僕は医者なので、医者として、患者さんや病院、所属の科から頼りにされていない、またはそう自分が感じるようになれば、そこがエンドポイントとなります。立つ鳥跡を濁さずという事で、自分が病院には不必要だと感じてから2年経過した約3年前に勤務医を辞めました。

肩の荷が下りたという程の大した仕事もなかったし任されていなかったので、そうした圧力からの開放感はなかった。けれど、とにかく自分が自由になったわーっていうタイプの清々しい爽やかな開放感はすごくありました。

組織で出来る事は山ほどあるけれど、それは最新医療やチーム医療であって、僕が置かれていた環境では達成出来ないものばかりでした。まあ、達成する気は無かったけれど、それ以下のレベルすら歓迎される事なく毛嫌いされましたね、当時は。でも自分は自分なりに一生懸命、小児科の為、病院の為と頑張っていましたが、今思えば全てが空回り、迷惑行為でしたね。笑ってしまいます。

こうした自分の存在の無意味さを何度か味わい、行動し、今に至ります。安定をやめて違う道を進むことは博打だけれど、僕には心地が良い変化でした。

その後、まあまあ苦労し、今の仕事を始め、約3年になります。果たして、頼りにされているのか、頼られているのか、意味があるのか、そろそろ再び考える時期に来ています。

僕はいつも全力で、いつも意味なくテンションも高いし、子供目線、親目線で仕事しています。昔とスタンスは変わってはいないけれど、僕の存在意義は病院ではなくクリニックにあると思う。

病院の勤務医から形を変え、開業医となりまだ3年、まだまだ僕はいらん子にはなりたくないし、ならないと自負しています。

何故か?

それはね、まだまだやりたい事、伝えたい事、楽しませたい事、感動させたい事、安心されたい事が山積みだから。ただ、それだけ。

それがあるうちは今の仕事に誇りを持ち、昔の様な、いらん子からの窓際族送りにならぬ様、日々精進したいと思います。苦い思い出はいずれ甘い思い出となり、自分にプラスに働くと信じています。

スポンサーサイト
プロフィール

おのセンセ

Author:おのセンセ
おの小児科 院長 おのセンセのブログへようこそ!日々思った事や感じた事、時々病気のお話しなど、フランクに書けたらいいな~って思っています。よろしくどうぞ!

最新記事
カテゴリ
FC2プロフ