FC2ブログ

感謝

2019.04.09.19:22

優秀な医療事務スタッフが出産の為、本日退職となりました。

若いながらも歯を食いしばり食らいついてくれたと思います。色々あって心が折れそうな時もありましたね。でも、彼女には必ず味方がいました。それも彼女の人となりなのだと思います。

赤ちゃんが生まれたら大変な毎日だろうけれど、また医療事務として復帰して欲しいと思います。当院で難なく出来たわけだから、どこに行っても通用すると僕は思います。

今まで本当に有難う、また会いましょう。

第1印象

2019.04.08.17:47

皆さんもご存知だと思いますし、良い意味でも悪い意味でもご経験がおありだと思いますが、人は第1印象が命です。男性ならイケメン、女性なら可愛い、綺麗が有利、仕方ないですが、それは世の常なんですね。そこに能力があるとなれば採用になる。よって、見た目は残念ながら大切な、時に残酷な物なのだと僕は思います。

がしかし、イケメンでも可愛くなくても綺麗でなくても、人の第1印象はしっかり作れると僕は思います。見た目は整形でもしないと無理かも知れませんが、髪型、洋服、化粧、アクセサリー、靴、手先、手持ち鞄などなど、そうした事からも第1印象は絶対に変わります。表情や最初に発する声のトーン、視線など、これらも第1印象に少なからず影響を与えます。

イケメンでも不愛想、可愛くても敬語が使えない、綺麗でも単なる自信家、などは最初はいいけれど、数秒で印象は悪くなります。イケメンや可愛い、綺麗な方々はそれだけで優遇される。これは間違いない事実ではありますが、いわゆる「普通」の人間の第1印象を変える術は山ほどあると僕は思います。

こういった仕事をしていると面接する機会も多いですし、履歴書を拝見する機会も多いです。そういった中で、ちゃんと第1印象を良くしようと真剣に考えている方が果たしてどれだけいるのかな、と時に不思議に思う事があります。

そう、雇用面接などは最たるもので、短い時間の面接の中で、第1印象が占める割合はかなり大きい。そこを分かってない方々がまあまあ多い気がしてなりません。ちゃんと「自分」に色々な化粧をして第1印象を良くして面接など、初めて会う人間と接して欲しいなと思います。

53540940_323515818302595_7809714384946593792_n.jpg

振幅

2019.04.06.12:29

小児科は一般的に冬忙しく、他の季節は普通か暇、という通説があります。

まあ、当たり前と言えば当たり前なんだけれど、その忙しいと暇の振幅は小さければ小さいほうが良い。他業種も含め、至極、当たり前の話です。

病院小児科と違い、この振幅をいつも気にしていないと小児科のクリニックはうまくいきません。

あらゆるアンテナからあらゆる情報を得て、子供たちや親御さんに還元していく。それが振幅を小さくする根幹にあります。やり方は多岐に渡るし、いわゆる企業秘密ですが。

まあ、ざっくり言うと、冬じゃないから出来る事がいっぱいあるし、まだまだ出来ていない課題も山積している。それらをし続けていくとすぐにまた冬が来ます。

次に迎える冬のパフォーマンスが一年前の冬と同じパフォーマンスではダメだ。より上を行くパフォーマンスが出来るか、それも今考えるべき事ですね。いかに僕が、そしてスタッフが常に問題意識を持っているかだと思っています。

Sakolrat Woraurai

2019.04.02.17:26

皆さんはSakolrat Worauraiさんという芸能人をご存知だろうか?知っている方はかなりのレアな日本人かと思いますが、タイではきっと知らない人がいないくらいの有名な芸能人です。元はFour Modというアイドルグループ(2人組)のFourで、今もFourで通っています。何らかの理由でFour Modを解散し、今は美容ビジネス、ドラマでは女優、テレビ番組、雑誌にと単独でも活躍しています。ただ、歌はもう歌っておらず(まあ、別にそんなに上手ではありませんが、僕は彼女の声が好きなので歌は歌で好きです)、もっぱらモデル系のお仕事が多い様です。バンコク郊外にはフラワーショップを構え、その経営も家族と共に頑張ってる様です。逆にModはどうも今ひとつの様で(良くは分かりませんが)、明暗を分けている気がします。まあ、もともとFourの方が絶大な人気がありましたので、日本で言うところのWinkみたいな感じでしょうか。あ、Winkの相田翔子さんも大好きです。

僕は、このSakolrat Woraurai、ニックネームFourの一ファンなのですが、もう何年も何年も実物にお会いしていません。時々、日本に来ているみたいですが、何だか気が合わなさそうな取り巻きの日本人男性(タイフリークの方々からも嫌われている様ですけど)がいつも一緒なので、絡むのも面倒と思い会いには行っていません。

日本と違いタイの芸能人は一般人との距離が近く、とても接しやすいです。マネージメントにも家族が関与するという独特な風習?がある様で、彼女のお母さんとはFB上で繋がっていて、時に我が子の写真やジェットスキーの写真にコメントをくれます。

何はともあれ、Four Modの時ほどの熱烈な応援はしていないけれど、大人になったFourの今後は遠く(近く?)日本から応援し続けて行きたいなと思っています。

皆さんは好きな芸能人、いらっしゃいますか?

55912450_10156566056461973_6141506738802655232_n.jpg

A タイプ

2019.04.02.11:16

人間を大きく分類すると4つの分類に分ける事ができます。A~Dタイプです。各タイプが何なのか、どんな方法での分類なのかは割愛しますが、僕はバリバリのAタイプの人間です。

Aタイプの人間は目標や目的がないと動かない、逆にそれがあると、それに向かって直線距離で進む気質があると言われています。つまりは完成度がどうかは分からないけれど、とにかく粗削りでも何でもいいから動き出し、可能な限り早い段階でゴールを目指す、そういった人間がAタイプと言われています。

ただ、直線距離、要領などを気にする為、途中に障害物があるとかなりのストレスを覚えます。障害物には物理的なものだけではなく、人間的な要素、つまりは邪魔する人間をもかなり嫌いますし、敵対します。

僕はテストをする限り、かなりのAタイプの人間で、それを自覚もしています。世の中、うまく行かないことの方が多いわけで、そらいつもイライラしたり怒ったり、時には強行突破しようとするわなあ、と自分を自分で分析したりもします。

ビジネスを行う上で、Aタイプは要素として必要不可欠で、A要素がない経営者はあまりうまくは行きません。そういう意味では良かったと思っていますが、反面、いわゆるコンペチタ―、敵を作る事にもなるわけで、それはそれで覚悟しておく必要があると常日頃から思っています。

昔を紐解きながら、さらなる動きを各種の障害物を乗り越えたり、時には蹴り飛ばしたりしながら進むわけです。

おの小児科様_表b内覧会 (1)
プロフィール

おのセンセ

Author:おのセンセ
おの小児科 院長 おのセンセのブログへようこそ!日々思った事や感じた事、時々病気のお話しなど、フランクに書けたらいいな~って思っています。よろしくどうぞ!

最新記事
カテゴリ
FC2プロフ