FC2ブログ

理念とスタッフ

2020.01.24.18:31

理念を共有しても、唱えるだけでは意味がない。その理念に沿い、一貫性を持ってベクトルを合わせて皆が動かないと大きな力にはならない。

過去にもう辞めたスタッフにこう言われたことがある。
「スタッフ1人1人違う人間です。ベクトルは全員バラバラですよ、先生!」と。

至極当たり前で正解だと思った反面、いつかこの子は辞めるだろうなと感じた。そして今はもう居ない。

自分のベクトルと仕事場でのベクトルは同じである必要はないし、同じだと正直困る。無論、僕の打ち出す理念に初めから沿っているスタッフはベクトルの方向性も同じなので何ら苦労はしない。

しかし、先に発言したスタッフの意見が正解なわけで、どう各自が自分の普段のベクトルを仕事用に仕事の間だけ軌道修正し全員で一貫性を持って働くことが出来るのか、それがスタッフの良し悪しの評価につながる。無意識でベクトルが変わるわけがないので、意識を常にしないといけない。意識をしないと自らのクリニックにそぐわない側面が出てしまい、自分で自分の首を締める。

今まで、どれだけのスタッフが辞めて行ったか分からないし、実際、辞める人間を余程の事がない限り引き留めない。それだけ僕と働く事はある種の苦行だと思うし、もたない子は1年なんて絶対にもたない。最短30日を切っている。雇った自分が悪いのだが、人として社会人として失格な元スタッフはいっぱいいた。今も違う所で人様を傷つけているかも知れない。

でも、それはそれで仕方ないし、別に良い。洗練されたスタッフにクリニックを動かしてもらい、助けてもらいながら、僕の理念を一貫して曲げずに進んで欲しい。無茶な望みだとは思うが、代表だからそれは許して欲しい。その理由はそれが「子供たち」にとってベストだから(と思っているから)。

これからも同じ方向を向いてくれるスタッフと子供たちのために精一杯頑張りたいと思う。まあ、流行りで言うならば、ワンチームだ。

80198904_170248854372845_1370316058887454720_n.jpg

色々と

2020.01.20.17:44

色々とご指摘を頂戴しますが、自分の軸は変えれない、変えたくないので、そこはごめんなさい。

真摯に受け止めて改善すべきは改善する、変えたくない事は変えない、それが僕のスタイルです。

匿名で色々とご指摘を頂戴するのは本来好きではないけれど、時代が時代、まあ、仕方がないと思います。でもね、本当はネットに書き込んで・・ってよりその場でface to faceが良いかな。

書き込みはほとんどが主観的な内容です。そうした内容に左右される方々が多かれ少なかれいらっしゃる。それはそれで僕としても迷惑だし、主観的に書きまくる方々の責任の所在がはっきりしていないのも納得がいきません。

とにかく、僕は僕として、何を言われようが、ベストな道を進むだけです。それを良いと思うか悪いと思うかは皆様次第で、それをネットで評論家の様に書きまくる必要性はないと思っています。

便利な時代ではありますが、面倒な時代でもあります。

81916666_183019269762470_6185473344054231040_n.jpg
だいたいやね~  以降の本音は言いませんが

海遊び

2020.01.16.19:40

季節問わず海は良いねー
海遊び


意味

2020.01.15.08:40



このステッカーが意味する事は何なのか、時々ふと考えたりします。色々な意味が込められているのか、意味が実はないのか、真実は何なのか?

子供が乗っているのでゆっくり走ります、でもないようだ。僕の車を煽ってから抜いていくトヨタのプ○○○にもよく貼られている。

このステッカーの意味は何なのか?一時期テレビでも議論されてはいたが、結論には至ってはいない。

結城的な

2020.01.07.07:35

結城さんの有名なセリフに、料理は愛情、というものがあります。もうご存知でない方も多いかも知れません。
僕はそれに続き、診療はリズムとテンポと良くスタッフに言っています。まあ、最近言い出した事ですが。

このリズムとテンポは皆様方にとってではなく、自分やスタッフに対してのワードで、僕自身が重きを置いている一つでもあります。

リズムとテンポなんか同じ意味やろと思われがちですが、自身が思うリズムとテンポは全く違うもので、それは単に当院の診療スタイルにしか通用しない解釈だとも分かっています。

その違いはさておき、リズムもテンポもサウンドで、遅い、速い、早い、規則的、不規則、間隔つまりは間があります。こうしたリズムとテンポのバリエーションで音楽は出来上がっていくのでしょうし、当院の診療も形になります。

が、4年経ちはしましたが、まだまだリズムも悪い、テンポもおかしい、最終的に皆様にご迷惑をおかけしてしまう。そんな診療スタイルになってしまう事が時にあります。

全ては強弱の塩梅なんだけれど、特にバラードではなくロックなリズム、テンポの診療の際の乱れが激しい。それはスタッフ自身、己の演奏に必死で周りが見えていないからだと思います。

患者さんの数、年齢、性別、重症度、保護者の方々などによってテンポもリズムもバラバラです。そこをキャッチして潤滑な診療を作り出して欲しいと願っています。こうした事は意識するかしないかで全く変わります。

では、皆様方におかれましては、本年もよろしくお願い致します。最高のリズムとテンポで皆様をお迎えしたいと思います。

プロフィール

おのセンセ

Author:おのセンセ
おの小児科 院長 おのセンセのブログへようこそ!日々思った事や感じた事、時々病気のお話しなど、フランクに書けたらいいな~って思っています。よろしくどうぞ!

最新記事
カテゴリ
FC2プロフ